為替・株=ギャンブル?競馬=投資?
財テク投資競馬として競馬で長期安定的に稼ぐ方法を徹底解説!!買い目の絞り方、競馬予想の効果的な活用法など実践で培ったノウハウを公開しています。

為替・株=ギャンブル?競馬=投資?

競馬を含めた日本の公営ギャンブルは全てパリミチュエル方式
(別名トータリゼータ方式)というシステムによって運営されています。
運営元(JRA)は投票者が賭けた全額から一定の手数料をあらかじめ控除し、
残った額を原資にしてオッズを割り振り、払戻しをするということになっています。

具体的には、全投票額の25%がJRAの手数料として差し引かれ、
残りの75%のお金を元にオッズが各馬、各通りに割り振られます。

つまり、配当として投票者に戻ってくるお金が
賭けた金額を最初から下回る構造になっているということ。


一般的な金融市場では、このような手数料控除がそこまで大きくありません。
これがギャンブルと投資の決定的な違いです。
(ギャンブル構造と払戻のカラクリについて詳しくは別のコラムで解説)

しかし、FXや為替、株取引など投機的要素が強い金融投資は
マネーゲームとしてとらえられることもあり、広い意味でギャンブルとも言えます。

なぜなら、両者は構造的な違いはありますが、共通する部分もあるから。

それは、稼ぐための材料が同じだということ。

具体的には、情報収集・分析・計算。そして、それらを総合した戦略です。

マネーゲームになるのか、投資となるのか、
利益をもたらす市場になるのか、負債を生むギャンブルとなるのか。
損益分岐を決めるのが戦略という点では競馬も金融投資も同じなんです。

戦略を見出すことができ、黒字が出せるなら投資、
何の考えもなしに散財し、赤字が膨らむようならギャンブルというわけです。

だから、逆説的になりますが
投機的要素が強い金融投資がギャンブルと言えるなら、戦略次第で黒字が出せる競馬を
金融投資と≒の関係と考えることも、できなくはありません。


情報収集・分析・計算し、黒字を出せる戦略を持って取り組めば投資。

もっと具体的に競馬に当てはめるなら、
予想を当てる戦略・ノウハウとそれを継続する資金マネージメントを組み合わせることが
競馬を投資とする考え方と言えます。

財テク競馬に必須!おすすめの”無料”情報ツール『KLAN(クラン)』
KLANはまったく新しい予想ツール。無料会員登録すると、馬柱・競走馬データ・傾向の分析・コースの分析など競馬予想に必須の膨大なデータが無料で見放題。自分好みに情報を整理して使えるので、管理人もレース前日は必ず使っています。レースをもっと楽しみたい競馬ファン、そして予想を当てて稼ぎたい方は登録必須!
詳細・機能解説ページへ

競馬的中予想の活用術