ココモ投資法
財テク投資競馬として競馬で長期安定的に稼ぐ方法を徹底解説!!買い目の絞り方、競馬予想の効果的な活用法など実践で培ったノウハウを公開しています。

ココモ投資法

ココモ投資法はマーチンゲール投資法の変形で、
カジノの3倍オッズを攻略するために開発された資金マネージメント法です。

追い上げの一種ですから、
負けるたびに投資額を増やし、的中すればそれまでの負け分を取り返して利益がでる
という戦略の根幹は同じ。

3倍オッズの攻略なので、回収率300%の複数買いでも使えます。

具体的な取り組み方法は、
ある投資額でスタートし、1回目が不的中だった場合、2回目は同じ金額を投資します。
この点がマーチンゲールと違うところですね。

そして2回目も不的中だった場合、3回目は1回目と2回目の額を足して投資します。

つまり、前回と前々回の額を合計して投資するというのがココモ法の追い上げ方です。

以下は倍率が3倍(回収率300%)の組み合わせに対して、
最初の投資額を100円でココモ法を実践したときの収支表です。

投資回数 投資額 不的中時の
累積損失
的中時の利益
1 100 -100 +200
2 100 -200 +100
3 200 -400 +200
4 300 -700 +200
5 500 -1,200 +300
6 800 -2,000 +400
7 1,300 -3,300 +600
8 2,100 -5,400 +900
9 3,400 -8,800 +1,400
10 5,500 -14,300 +2,200

普通のマーチンゲールに比べて追い上げの増額が緩やかになります。
10連続不的中でも合計14,300円のマイナス。

負けるたびに賭け金をきっちり倍にしていくマーチンゲールよりも
資金パンクのリスクは軽減しますが、それはココモ投資法の方が
回収率が高い組み合わせを当てるから成り立つわけで、
マーチンゲールとココモ、どちらが良いか一概に言えません。


資金マネージメントの通りに収益を増やせるかどうかは、何といっても予想力次第。

競馬で実際にココモ投資法を使うなら、はじめに回収率と的中率の統計を取ってみて
試算通りに増やせる見込みがあるか見極めることが肝心です。
また、損切りのボーダーラインも必ず設定しておいて下さい。

財テク競馬に必須!おすすめの”無料”情報ツール『KLAN(クラン)』
KLANはまったく新しい予想ツール。無料会員登録すると、馬柱・競走馬データ・傾向の分析・コースの分析など競馬予想に必須の膨大なデータが無料で見放題。自分好みに情報を整理して使えるので、管理人もレース前日は必ず使っています。レースをもっと楽しみたい競馬ファン、そして予想を当てて稼ぎたい方は登録必須!
詳細・機能解説ページへ

競馬的中予想の活用術