即パット(IPAT)会員登録
財テク投資競馬として競馬で長期安定的に稼ぐ方法を徹底解説!!買い目の絞り方、競馬予想の効果的な活用法など実践で培ったノウハウを公開しています。

‘財テクとして取り組む準備’に関する記事一覧

即パット(IPAT)会員登録

パット対応口座の開設が済みましたら、次は即パット(IPAT)の登録をしましょう。
これで、ネットで資金を管理しながらパソコンや携帯電話・スマートフォンから投票できるようになります。

なお、新規アカウント登録はレース開催日(土日)にしかできませんのでご注意下さい。
楽天銀行やジャパンネット銀行に資金が入っていれば、登録した当日から投票できます。

以下、登録の手順を画像付きで解説していますので、登録がまだの方はご活用下さい。


1.JRAの即パット案内ページへ

まず、http://www.jra.go.jp/soku(Ipat申込ページ)へアクセスしましょう。
最下段に、銀行口座開設へのリンクと即パット登録へ進むリンクがありますから、
口座開設済みなら「即パットお申込みのページへGO!」を選んでください。


JRAホームページの即パット解説ページ


最下段の各申込みメニュー


2.画面にしたがって情報を入力

次の画面で使用する銀行を選びます。

すると、規約が表示されます。
よく読んで下部の同意にチェックを入れて、次の画面へ進んでください。

あとここからは画面に沿って情報を入力していくだけとなります。
作業完了までは

口座確認
口座振替契約
加入者登録
完了

という4つのステップに分かれており、順に案内がでますので難しくありません。
最後の完了画面で、以下のようにあなたのログインIDやパスワードが表示されます。
(黒で塗りつぶしている部分)

加入者番号、P-ARS番号、INET-IDはログイン時に使用しますので、必ずメモを残しておきましょう。


登録が済めば、パソコンならhttp://www.ipat.jra.go.jpページから、
携帯ならQRコードを読み取って専用画面へアクセスし、さっそくログインしてみてください。


パソコン版のパット画面

左上が入出金メニューで、右端のFLASH投票を開くと、とても見やすい投票画面が表示されます。

まずは、いろいろ機能を確かめてみてください。

余談ですが、無料予想の「注目馬情報」等のデータを見ながらパット(FLASH版)でオッズを照らし合わせ、
回収率を調整しながら賭ける(パットの機能に付いてます)のもおもしろいですよ。

ネットバンク口座の用意

メールアドレスの準備が済みましたら、次はネットバンク口座を用意しましょう。

ネットバンクと表現していますが、
厳密にはJRAのパソコン・ケータイ投票サービス「即パット」対応口座を用意するという意味です。

即パットを使えば、パソコンやケータイから手軽に投票できるようになります。

競馬場やウィンズに馬券を買いにいく手間が省け、
どこでも取り組めるようになりますから、財テク投資競馬に即パットの利用は必須。
なので、対応口座もぜひ開設しておいて下さい。

以下の4種類が即PATに対応しています。

楽天銀行(旧イーバンク)
ジャパンネット銀行
三井住友銀行(インターネット・モバイルバンキング)
三菱東京UFJ銀行

財テク投資競馬専用として新規に開設するのがベストなんですが、
すでに開設済みならその口座をそのまま使ってください。

メールアドレスの取得

財テク投資競馬に取り組むための準備を整えていきましょう。

まずは、ネットバンクの開設や的中予想サービスなどで使う
フリーメールアドレスを取得から。

財テク投資競馬専用のメールアドレスを作ると言ったほうがいいですね。

もちろんこれは今お使いのパソコンのメールアドレス、
あるいは携帯のメールアドレスでも構いません。

他のメールに混じって競馬の予想情報が届くのがわずわしい方は
専用メールアドレスを作っておくと情報の管理が楽になります。

予想の参考材料として活用する的中予想サービスは
1件だけ登録するとは限りません。

私の場合、複数社の無料情報サービスに登録し、
気に入ったところは有料会員として参加、検証しています。

フリーメールはyahooのでもgoogleのgmailでもgooのメールでも何でも大丈夫です。


yahooならトップ画面の右側の画像広告の下に
「メールアドレスを取得」というリンクがありますから
そこから登録ページへ進みます。

googleの場合はトップページの上部に
「Gmail」というメニューがついていますので、
同じくそこから登録ページへ進みます。

競馬的中予想の活用術