競馬予想で財テク投資競馬
財テク投資競馬として競馬で長期安定的に稼ぐ方法を徹底解説!!買い目の絞り方、競馬予想の効果的な活用法など実践で培ったノウハウを公開しています。

‘財テク投資競馬の実践’に関する記事一覧

競馬予想で財テク投資競馬

競馬的中予想サービスを用い、資金マネージメントを使って
財テク投資としてお金を稼いでいくための具体的手順

手順

1. 資金の用意と目標設定
2. 競馬的中予想サービス登録
3. 配信される買い目の的中率と回収率の統計をとる
4. 資金マネージメントへ落とし込んで調整
5. 実践

順に説明していきます。


ステップ.1 資金の用意と目標設定

資金は3万でも10万でも、いくらでも構いません。
用意した資金は、いきなり1レースに全額ポンと賭けたりしません。
なので、次はユニット(1レースに投資する額)に分けます。
と言っても、ステップ3、4の作業のあとにもう一度逆算するので、
最初は「用意したお金を細切れに分ける」ぐらいの認識で結構です。

目標は1年で用意した資金を何倍にする、あるいはいくら稼ぐ
など漠然と立てて下さい。この作業も、ステップ3、4のあとに再計算して具体化します。


ステップ.2 競馬的中予想サービスの登録

競馬で稼ぐためには予想を当てないといけませんから、
財テク投資競馬の核となる部分を予想サービスに任せます。
(予想サービスを使いながら、徐々に自力の予想力が高まれば最高)
いくつかの競馬予想サービスを選んで登録してください。
当サイトで掲載しているものは、私も使っています。
登録料などは一切無く、メールアドレスを入力し、認証すればそれだけで登録完了。
無料の情報と、一部はポイント制のコンテンツとなっていて、
たまに有料情報も見たりしますが、基本は無料のコンテンツだけで十分です。


ステップ.3 配信される買い目の的中率と回収率の統計をとる

基本的に、無料情報では各社が推奨する競走馬データなどをみることができます。
その馬が、実際にレースで勝利するかどうか、まずは2~3週間統計を取ってみてください。
その的中率および的中時の倍率を記録して、
どのように資金マネージメントすれば黒字を重ねていけるのか計算します。

いいかげんな的中予想サービスもありますが、当サイトで掲載している会社は
ある程度充実した情報を用意しています。予想サービスに完全に依存して賭けると
外れたときのショックが大きいですが、参考程度にとどめておくと、気持ち的にもラク。

統計を取って、活用するというスタンスで使ってみてください。


ステップ.4 資金マネージメントへ落とし込んで調整

例えば、推奨される軸馬の連対率が高い場合、その馬に複勝で賭けて
均等買い投資やころがしで増やしていく、という戦略が立てられます。

その軸馬と他の馬を合わせて(ここは自分の予想次第)
回収率200~300%前後の複数買いを作り、的中率が2~30%あれば
マーチンゲールで追い上げることもできます。

予想を資金マネージメントにうまく噛み合わせることができれば、
次は最初にもどって資金のユニット額を考えましょう。


資金の用意と目標設定へもどる

例えば均等買い投資法を使う場合、用意した資金を等分すれば
それがそのまま投資できる回数となります。
5万円用意して1ユニットを5000円とすれば10回の投資チャンスとなり、
20分の1にすれば1ユニットは2500円。

2500円ずつ賭け、的中率次第で黒字を積みあげていきます。

マーチンゲールを使う場合、「何連敗したら追い上げストップ」という
損切りラインをどこに設けるかで変わってきます。
例えば、5連敗したらそれ以上は追い上げないとし、
スタートを100円にしたなら累積損失は

100円(1敗)⇒300円(2連敗)⇒700円(3連敗)⇒1500円(4連敗)⇒3100円(5連敗)

となります。ただ、1点買いでマーチンゲールは難しいので、100円スタートは考えにくい。
複数買い目を組み合わせて回収率を調整するので、
そうなると、最低でも1000円以上が最小ユニットとなります。
(また、あまりに小さい額で追い上げても、気持ちの負担の方が大きくて長続きしません)

1000円でスタートした場合、5連敗すれば31,000円の損失。
50,000円しか資金がない場合、残金19,000円となりますから、
5連敗まで追い上げればチャンスは1回しかないということです。
4連敗でストップなら、15,000円なので3回は挑戦できます。

回収率300%前後を4回に1回的中させる情報があれば、
1回の追い上げ投資の度に3000円前後の利益が出ます。

マーチンゲール投資法を使う場合は、
計算をしたあとに4回で的中するのかどうかもう一度検証してください。


的中予想サービスの的中精度の統計を取り、資金マネージメントに落とし込み、
1レースに賭ける投資額を用意した資金から逆算する。最後はその計算式で
目標へたどり着けるかどうか確認してください。

あるいは、ここまで計算してから目標を具体的に立てても構いません。
「この計算式だと1年で何倍にできるのか、あるいは年間でいくら稼げるのか」
という年間ゴールを作れば、モチベーションも高まるかと思います。


ステップ.5 実践

あとは稼ぐのみ。
競馬なので当然的中・不的中の波はあります。
記録をとって検証を重ね、微調整しながらゴールを目指しましょう。
おさらいになりますが、

手順

1. 資金の用意と目標設定
2. 競馬的中予想サービス登録
3. 配信される買い目の的中率と回収率の統計をとる
4. 資金マネージメントへ落とし込んで調整
5. 実践

この骨組みに数字で肉付けして、競馬でどんどん稼いでください。

競馬を財テクとするための発想や各項目の具体的な内容は
財テク投資競馬入門で解説していますのでご参照下さい。

競馬予想無料レベルアップ

競馬予想力UPに役立つ情報

競馬予想力を高める競走馬分析ファクター

競馬を財テク投資として成立させるためには、当然ながら予想を的中させることが最重要。
ここでご紹介するのは基本的な予想材料と、より実践的な馬券予想法です。レース分析力向上にお役立て下さい。


成績から判断する

コース・距離適性
競走馬の個性を知る

最近の成績
直近のレース結果から個性を分析する

ローテーション(レース間隔)
レース出走頻度と勝率判断

展開・脚質
脚質とレース展開の関係を紐解く

馬体重変化
馬体重変化の見極めポイント

馬場状態変化への対応
馬場状態変化への適応力

騎手による変化
レース距離と騎手の実力の相関

パドックから判断する

気合乗りとイレ込み
もっとも単純なコンディション分析

太めと細め
肉付きとスタミナ

歩様・毛艶
細かな競走馬分析ファクター

回収率計算機の使い方

複数のオッズを組み合わせた時の平均回収率を
簡単に計算できる専用計算機の使い方です。
海外のギャンブルサイトで使用されているのですが、
日本の競馬でも十分使えます。
投資配分の計算に活用してみて下さい。

まず最大10点までオッズを入力し、
合計投資額を設定すると、各オッズへの
割り振りを求めることが出来ます。

ここでは、複数買い回収率の計算方法で紹介した
8.2倍、13.5倍、14.7倍の3点のオッズで
配分が手計算の時と同じになるのか計算してみました。


まずは画面の見方について。各項目の意味です。

右上のMultiback(マルチバック)
ここはプルダウンのメニューで、機能を選べるようになっています。
回収率の計算は、Multibackのままで使います。

Back Selection1~10Price(プライス):ここにオッズを入力します。
Commおよび一番下のBack all selections on same betting exchange
これは手数料を意味しています。関係ありませんので、
一番下の5%と表示された部分の左についている黒丸を消して下さい。

Stake(ステイク):投資額
Profit(プロフィット):利益額
Yield(イールド):利益率

この3つは、オッズを入力して一番下に投資額を入れ、Calclateを押したときに表示されます。

Bookは無視して、Total Stake(トータルステイク)は投資総額。
オレンジ色のReset(リセット)は文字通り全て消去、
Calculate(カリキュレート)を押せば入力内容で計算します。


では、実際に使い方を見ていきましょう。
まず、画面はMultibackになっていますか?

A-B 8.2倍 A-C 13.5倍 B-C 14.7倍

の各オッズをそれぞれBack Selectionに上から入力してください。

次に一番下の手数料は関係ないので0%にします。

そして、Total Stakeのところに投資額を入力します。
先ほどの例と同じく10,000円としてみました。

これでCalculateを押した状態が上の画面です。

Stakeの部分に割り振られた金額が表示されています。
四捨五入すると、手計算した時とほぼ同じになりますよね。

Profit、Yieldの部分には、投資金を抜いた純利益額、割合が表示されます。
どれが的中しても約3.78倍ですから、
原資の10,000円を抜けば27,800円の利益が出ることを示しています。

いかがでしょうか?
この計算機を使用すれば、最大10点までオッズを組み合わせて
回収率、資金分配を簡単に計算できます。

たとえばボックス買いで数頭の馬に投票するとき、
各通りに同じ金額を投票すると、場合によってはオッズが小さすぎて
買い損の可能性が出てきますよね。
そんな時に、どれが的中しても利益がでるよう配分を調整できるので便利ですよ。

オッズは単勝でも馬連でも3連複でも何でもかまいませんから、
投資前の計算にお役立て下さい。

複数買い回収率の計算方法

競馬で投票する際、毎回1点買いということはありませんよね。

いくつか見込みあるオッズを選んできて投票すると思います。
では、その回収率は計算していますか?

複数点買いの回収率の計算というのは、
何通りかまとめて投票をする際に、平均回収率はいくらなのかを計算し、
どれが的中しても同じ配当になるよう投資額を割り振る方法
ということです。

この計算は、当サイトで紹介している計算機で簡単に行えますが、
屋外で手計算をしないといけない際に計算式を覚えておくと便利なので、ご活用下さい。

例えば、あなたが馬連で見込みある以下の3つのオッズを選んできたとしましょう。

A-B 8,2倍
A-C 13.5倍
B-C 14.7倍

この3点の回収率を計算します。公式は

1/(1/オッズ+1/オッズ+1/オッズ…)

※ / は割り算、カッコ内は選んだオッズの数で増えていきます

この例の場合、

1/(1/8.2+1/13.5+1/14.7)となります。

1÷8.2=0.1219
1÷13.5=0.0740
1÷14.7=0.0680

0.0219+0.0740+0.0680=0.2639

1÷0.2639=3.789

つまりこの計算から、3点の回収率は378.9%ということです。
378.9%というのは、1点買いで3.78倍と同義。


では、ここから、各オッズへの資金の割り振りを計算しましょう。
計算公式は1/オッズ×回収率となります。
先ほどの数値をそのまま使い、

0.1219×3.789=0.461⇒配分46.1%
0.0740×3.789=0.280⇒配分28%
0.0680×3.789=0.257⇒配分25.7%

合計すると、99.8%。この数値は約100%になっていればOKです。
資金をこの配分で割り振ると、どれが的中しても3.78倍となるわけです。


例えばあなたがこの3点に1万円の資金を用意した場合、

A-B 8.2倍  4620円
A-C 13.5倍 2800円
C-B 14.7倍 2570円

とすると、

A-B的中時 8.2×4620円=37,884円
A-C的中時 13.5倍×2800円=37,800円
C-B的中時 14.7倍×2570円=37,779円

多少の違いはあれど、ほぼ3.78倍です。

いかがでしょうか?

この計算ノウハウをマスターすれば、
複数の見込みあるオッズを選んでその回収率を計算し、
どれが的中してもほぼ同じ額だけ配当がでるように調整できます。

「このオッズを組み込めば、回収率が○%か…ならこれをおさえておこう」という風に、
予想買い目の組み換えができるようになるわけです。

実際に計算するのは慣れないうちは大変なので、
インターネットにつなげる環境で取り組むなら、当サイトの計算機を使ってください。
(使い方はコチラ)

予想の判断材料

競馬ですから、なんと言っても的中させることが大事。
というより当てないとお金は増えていきません。(当たり前ですよね)

財テク投資競馬と言うのは、的中させることを前提に、
資金のマネンジメントという発想を加えて稼ぎを積み上げていく作業。

大前提にある的中の確率を高めるために予想力をつけていくわけなんですが、
一体何を判断基準に予想を組み立てていくのか?

正直、これにはたくさんの考え方がありますから一概には言えません。
まずは、分析の材料となる切り口をいくつかご紹介しますので、参考にしてみてください。


過去データから分析
JRA-VANなどのデータマイニングツールを使って、
あらゆる角度から過去レースを検証して予想する考え方。

財テク投資競馬において、もっとも基本的な戦略と言えます。


オッズから分析
これは他のプレイヤーの予想に準拠する考え方です。

パリミチュエル方式の競馬のカラクリ上、
誰もが勝つと予想した馬の倍率は下がり、
その反動で投票の少ない馬の倍率は必然的に高くなります。

オッズは人気であり、人気は馬の強弱を示す指標となるわけですから
基本的に、オッズの低い馬が的中しやすい傾向にあります。
オッズと的中率の関係についてのデータもありますから、分析すると面白いですよ。

ただ、この切り口で投票すれば的中率はある程度高くなるんですが、
硬いレースばかりで倍率がついてこないというジレンマがあります。

ですから、オッズと統計の分析+的中予想の活用で
データと予想両面からレースを分析すると、
損益分岐を超える回収率を保ちながら的中率も高まっていくかと思います。


競馬新聞から分析
データ分析という点ではJRA-VANの活用と考え方は同じですが、こちらは媒体がアナログ。

競馬新聞は情報量が多いので、
前走の競争成績や前走の騎手と今回が同じかどうか、芝、ダートでの戦績、距離別戦績など
基本の部分をおさえるだけで、予想の材料としては十分有効です。

また、もう一つの活用方法があるんです。
オッズ分析のところでもご紹介のとおり、
オッズは人気の偏りを示す指標で、馬の強弱をある程度反映します。

そして、競馬人口の大多数は競馬新聞に頼って投票するため、
新聞の情報を頼りに馬を判断した投票の偏りがオッズにも少なからず表れるんです。

なので、オッズを分析するとき「この馬になぜこのオッズなんだ?」
という根拠を紐解くツールとしての使い方もおもしろいですよ。


パドックから分析
馬の状態を目でみて確認して、レース直前の状態を判断する考え方です。
JRA-VANの情報やオッズを最終精査する材料にもなります。

馬は生き物ですから、当然日によってコンディションが違います。
歩き方、歩く位置、首の位置、毛艶、体重、筋肉の発達具合など
それこそチェックするポイントは沢山ありますが、
コツを掴めば数字や過去データに生きた最新の情報を付加できるのでかなり有効です。

衛星放送のグリーンチャンネルに加入すれば、
基本的には全会場の全レースのパドックを見ることができます。


競馬的中予想サービスから分析
これが最初は一番手っ取り早いかもしれません。

競馬的中予想サービスは上記やその他の要素から
各社が独自の公算に基づいて予想を立てています。

コンセプトの違いはあれど、一般人が拾いきれないような関係者筋の情報まで
精査していますところもありますから、いろいろ見比べることによって
予想を補完するよい材料になるでしょう。


的中予想を使いながらでも構いませんが、さまざまな角度からレースを検証して、
「このデータとレース結果の関連性は?」と分析を繰り返すとそれが経験として必ず予想の役に立ちますから、
まずは楽しみながらいろいろな情報をツギハギしてみてください。

財テク投資競馬一連の取り組みフロー

財テク投資競馬として取り組むための一連の流れです。

ステップ.1 事前準備

投票のためにツールを準備

馬券を競馬場やウィンズに買いに行っても構いませんが、
現場の熱気にあてられギャンブル魂に火がついて、
予想と違うものに投票してしまうかもしれません。(体験済)

財テク投資として取り組むのなら、
的中・不的中での収支を計算しながら投票していきます。
なので、ネットバンク口座に資金を用意し
即パットでケータイやパソコンから投票した方が管理がラク。

ネットバンクの口座開設、即パットの登録、
また的中予想サービスを使うならフリーメールアドレスなど、
まずは各種ツールを準備してください。

目標設定

目標設定は、競馬をギャンブルからより投資らしくするという体裁作りです。
難しく考えなくても構いません。「どれだけ稼ぎたい!」という目標がないと
知らぬうちにギャンブルをしてしまっているということにもなりますから、
その予防線という意味で設定します。
半年、1年で資金をどれだけ増やしたいか、具体的にどうすればそれが達成できるか
とりあえずシュミレーションを立ててみましょう。


ステップ.2 戦略を立てる

次は、競馬予想力の向上と資金マネージメントの調整を。

情報収集・分析・計算

的中予想サービスを使うにせよ自力にせよ、
何倍のオッズ(あるいは回収率)を何%の確率で的中させることができるか
まずは統計を取ります。

当たり前の話、競馬で稼ぐためには予想を当てないといけません。
過去データの分析、オッズ変動、的中予想サービスのコンテンツ、
他者の馬券術、馬を見る、etc…参考材料をとにかく検証し、
回収率と的中率を向上を目指しましょう。

何か1つの馬券術や予想材料を分析するより、複数の角度から情報を集めると
そのうちに自然と不要な情報を省くようになって、自力の予想力が向上します。
(経験上)

資金マネージメントを考える

回収率と的中率のバランスをみながら、
通称「ころがし」や「おいあげ」等と呼ばれる
資金マネージメント法を使って、効率よく稼いでいく方法を考えます。


ステップ.3 投資

目標を立てて、その目標を達成できそうな戦略が立てられたなら、あとは実践あるのみ。

ネットバンクから即PATへ入金、投資、引き出し

ネットバンクに資金を入金し、そこからその日投票する予定額を即パットへ移します。
これで準備OK。目当てのレース・目当ての馬に投資していきましょう。

レースが終わって払戻が確定すれば、即パットに即時返金されます。
ネットバンクに資金を出金手続きするか、そのまま放置しておけば
レース終了後(土日の開催終了後)口座に自動的に戻ってきます。


ステップ.4 管理

記録して状況を確認

投票したレース、投票結果、払戻しの額などをパソコンやノートに記録し、
資金の増減を管理しておくと、自分の予想精度がどんな推移になっているのかわかります。
データを見直してチェックしてみて下さい。


財テク投資として取り組むにあたって大切なのは、
目標設定と予想力のレベルアップ、そして資金マネージメント調整。
この3つの要素を組み合わせて戦略を立てること。

競馬を的中・不的中で遊ぶのではなく、稼ぐための設計図を描いていきましょう。

財テク投資競馬の基本的な考え方

競馬を投資にするためには、当たった外れたで毎回一喜一憂していてはいけません。
(もちろん的中は嬉しいですが、テンションが上がるとムダ使いが増えますから←体験済み)

競馬で長期的に稼ぐ

この実現のために、まずは

財テク競馬の考え方

予想を的中させる。
その的中精度を高めていく。

この2点を追求します。
まぁ、ギャンブルなんですから当たり前ですよね。
的中しないと始まりませんから。

的中率を高めるためには、レースの判断材料を
いろいろな角度から集めることが大切です。
当サイトで具体的なノウハウも紹介していますが、
的中予想サービスの無料情報もある程度有効です。

的中率、回収率などのデータを残しながら予想力を高めていきましょう。

次は、そのデータに基づいて資金マネンジメント法を選び、
どうすれば効率よく収益が増えていくかを考えます。
資金マネンジメントとは、当たったり外れたりするギャンブルで
どうすれば黒字がだせるか計算しながら賭けるということ

予想を当てる。予想力を高める。
そして、資金全体をうまくコントロールしながらレース予想という単発のギャンブルを長期的に攻略する。
これが財テク投資競馬のおおまかな考え方です。

さまざまな判断材料からレース予想が組み立てられるようになり、
その予想が当たるようになってくると、
あなたのなかに分析→投資→利益という一連のプロセスができあがります。

つまり「なぜ的中したのか」という根拠に基づいて利益が得られるようになるわけです。
その予想力は時代を問わず使える資産となりますから、習得し甲斐がありますよ。
色々な角度から検証を重ねてどんどん予想力を磨いていってくださいね。

私も昔は数百万円のソフト、パドック、競馬新聞、的中予想サービス、オッズの動き
など、とにかくデータを抽出して分析を繰り返してました。

結果としてガッツリ取り組まなくなった今でも
コンスタントにプラスを出せる予想ノウハウは手に入りましたが、
予想がそこそこ当たるだけではやっぱり足りないんです。

回収率を見ながら資金コントロールをするという発想がなければ、
単発の的中・不的中を繰り返すただの予想競馬でしかありません。

冒頭でも書きましたが、最初は的中することに喜んで
小躍りしながらイラナイものをたくさん買っていました(焦)
結果、軍資金まで徐々に使っていて最後にはパー。

予想競馬をしているうちは、競馬への思考がギャンブルのままなので
競馬はお金を増やすための手段なんだという見方を忘れないで下さい。

頭の中の話になりますが、見方が違うだけで結果は随分変わってきますから。
少々強引でも結構なんで、

競馬=ギャンブル=楽しむもの
競馬=財テク投資=お金を稼ぐ手段

という切り替えをすると、取り組み姿勢が変わってくるかと思います。
どうすれば競馬で長期的に稼げるのか?という発想・モチベーションが、
予想力UPと効果的な資金マネンジメントの組み合わせ発見に繋がるかと思います。

お金を稼ぎたいということは何らかの目的があるわけですから、
目標額が達成できましたらパーッと使ってください^^

競馬的中予想の活用術