回収率別の均等買い投資法シュミレーション
財テク投資競馬として競馬で長期安定的に稼ぐ方法を徹底解説!!買い目の絞り方、競馬予想の効果的な活用法など実践で培ったノウハウを公開しています。

‘競馬回収率計算’に関する記事一覧

回収率別の均等買い投資法シュミレーション

同じ金額を賭け続けた際、
どのように収益が推移するのか示したシュミレーションです。

回収率は、150%、180%、200%、230%、250%、280%、300%で設定。
(※回収率は倍率と同義、複数のオッズを組み合わせる場合は回収率計算機をご活用下さい)

投資額は100円で計算しています。
実際に賭けるときは、お手持ちの資金とご相談を。


→的中率
↓回収率
10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100%
150% -850 -700 -550 -400 -250 -100 +50 +200 +350 +500
180% -820 -640 -460 -280 -100 +80 +260 +440 +620 +800
200% -800 -600 -400 -200 0 +200 +400 +600 +800 +1,000
230% -770 -540 -310 -80 +150 +380 +610 +240 +1,170 +1,300
250% -750 -500 -250 0 +250 +500 +750 +1,000 +1,250 +1,500
280% -720 -440 -160 +120 +400 +680 +960 +1,240 +1,520 +1,800
300% -700 -400 -100 +200 +500 +800 +1,100 +1,400 +1,700 +2,000

回収率150%~200%前後のシュミレーションは複勝オッズだとイメージしやすいかと思います。
複勝は比較的当てやすいので、2~4番人気あたりのオッズで好調馬をピックアップし続ければ
この表どおりの収益を狙うのは可能です。

回収率が大きくなると、その分的中精度が下がるので、予想力が必要になります。
複数から予想材料を抽出して、戦略を立ててみてください。

複数買い回収率の計算方法

競馬で投票する際、毎回1点買いということはありませんよね。

いくつか見込みあるオッズを選んできて投票すると思います。
では、その回収率は計算していますか?

複数点買いの回収率の計算というのは、
何通りかまとめて投票をする際に、平均回収率はいくらなのかを計算し、
どれが的中しても同じ配当になるよう投資額を割り振る方法
ということです。

この計算は、当サイトで紹介している計算機で簡単に行えますが、
屋外で手計算をしないといけない際に計算式を覚えておくと便利なので、ご活用下さい。

例えば、あなたが馬連で見込みある以下の3つのオッズを選んできたとしましょう。

A-B 8,2倍
A-C 13.5倍
B-C 14.7倍

この3点の回収率を計算します。公式は

1/(1/オッズ+1/オッズ+1/オッズ…)

※ / は割り算、カッコ内は選んだオッズの数で増えていきます

この例の場合、

1/(1/8.2+1/13.5+1/14.7)となります。

1÷8.2=0.1219
1÷13.5=0.0740
1÷14.7=0.0680

0.0219+0.0740+0.0680=0.2639

1÷0.2639=3.789

つまりこの計算から、3点の回収率は378.9%ということです。
378.9%というのは、1点買いで3.78倍と同義。


では、ここから、各オッズへの資金の割り振りを計算しましょう。
計算公式は1/オッズ×回収率となります。
先ほどの数値をそのまま使い、

0.1219×3.789=0.461⇒配分46.1%
0.0740×3.789=0.280⇒配分28%
0.0680×3.789=0.257⇒配分25.7%

合計すると、99.8%。この数値は約100%になっていればOKです。
資金をこの配分で割り振ると、どれが的中しても3.78倍となるわけです。


例えばあなたがこの3点に1万円の資金を用意した場合、

A-B 8.2倍  4620円
A-C 13.5倍 2800円
C-B 14.7倍 2570円

とすると、

A-B的中時 8.2×4620円=37,884円
A-C的中時 13.5倍×2800円=37,800円
C-B的中時 14.7倍×2570円=37,779円

多少の違いはあれど、ほぼ3.78倍です。

いかがでしょうか?

この計算ノウハウをマスターすれば、
複数の見込みあるオッズを選んでその回収率を計算し、
どれが的中してもほぼ同じ額だけ配当がでるように調整できます。

「このオッズを組み込めば、回収率が○%か…ならこれをおさえておこう」という風に、
予想買い目の組み換えができるようになるわけです。

実際に計算するのは慣れないうちは大変なので、
インターネットにつなげる環境で取り組むなら、当サイトの計算機を使ってください。
(使い方はコチラ)

競馬的中予想の活用術