回収率別の均等買い投資法シュミレーション
財テク投資競馬として競馬で長期安定的に稼ぐ方法を徹底解説!!買い目の絞り方、競馬予想の効果的な活用法など実践で培ったノウハウを公開しています。

‘資金マネンジメント戦略’に関する記事一覧

回収率別の均等買い投資法シュミレーション

同じ金額を賭け続けた際、
どのように収益が推移するのか示したシュミレーションです。

回収率は、150%、180%、200%、230%、250%、280%、300%で設定。
(※回収率は倍率と同義、複数のオッズを組み合わせる場合は回収率計算機をご活用下さい)

投資額は100円で計算しています。
実際に賭けるときは、お手持ちの資金とご相談を。


→的中率
↓回収率
10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100%
150% -850 -700 -550 -400 -250 -100 +50 +200 +350 +500
180% -820 -640 -460 -280 -100 +80 +260 +440 +620 +800
200% -800 -600 -400 -200 0 +200 +400 +600 +800 +1,000
230% -770 -540 -310 -80 +150 +380 +610 +240 +1,170 +1,300
250% -750 -500 -250 0 +250 +500 +750 +1,000 +1,250 +1,500
280% -720 -440 -160 +120 +400 +680 +960 +1,240 +1,520 +1,800
300% -700 -400 -100 +200 +500 +800 +1,100 +1,400 +1,700 +2,000

回収率150%~200%前後のシュミレーションは複勝オッズだとイメージしやすいかと思います。
複勝は比較的当てやすいので、2~4番人気あたりのオッズで好調馬をピックアップし続ければ
この表どおりの収益を狙うのは可能です。

回収率が大きくなると、その分的中精度が下がるので、予想力が必要になります。
複数から予想材料を抽出して、戦略を立ててみてください。

予想精度UP+資金マネージメントを考える

競馬は本来レース予想を繰り返すギャンブル。
資金マネージメントはうまく黒字を積み上げていくための計算式。

資金マネージメント法のシュミレーションどおりに運用できるかどうか。
それは、狙ったとおり予想を当てれるかどうか次第。

単純ですが、競馬で稼ぐためには
とにかく予想を当てなくてはいけませんよね。

その予想精度に合わせて、資金マネージメントを
組み合わせないと、損をすることになります。


極端な例ですが、あなたの予想力が
1レース平均回収率200%、的中率10%だったとしましょう。
(ちょっと低すぎですけど…)

これを均等買い投資法にあてはめると…

10回に1回的中ということは、9回は外すということ。全てに同じ金額を投資、
例えば1000円ずつ投資した場合、9000円マイナスになってしまいます。
1回だけ的中して2000円の配当があり、投資金を抜いて1000円の利益ということは
最終的に8000円のマイナスですから、話になりませんよね。

的中率が同じで回収率5倍(500%)だとしても、5000円のマイナス、
回収率10倍(1000%)になって初めてプラスマイナスゼロとなります。


当たり前のことですが、

何倍(回収率何%)を、どのぐらいの確率で的中させるのか

を把握することが、長期的に稼ぐためには極めて重要なんです。

均等買いなら1回外れても損失は小さいですが、
マーチンゲールのような追い上げ系の資金マネージメントなら
自分の予想精度を過信すると一気に資金がなくなります。


単利や複利で目標までの道筋を考えるのは、競馬を投資とする枠組み作り。
資金マネージメントは、その目標を達成するための実践的な計算です。

そしてその計算は、
予想を当てるという競馬の本質的な部分の実力を高めることで
現実に近づいていきます。

ならばひたすら予想力だけを高めたらいいのかということになりますが、
それだと目標を見失って発想がギャンブルになってしまいます。

知らぬまに熱くなって、気がつけば資金が無くなっていると思います。(実体験)

自分の予想力を高めること。
そしてどの資金マネージメントを使えば効率よく利殖できるか考えること。

両方意識しておいて下さい。

ココモ投資法

ココモ投資法はマーチンゲール投資法の変形で、
カジノの3倍オッズを攻略するために開発された資金マネージメント法です。

追い上げの一種ですから、
負けるたびに投資額を増やし、的中すればそれまでの負け分を取り返して利益がでる
という戦略の根幹は同じ。

3倍オッズの攻略なので、回収率300%の複数買いでも使えます。

具体的な取り組み方法は、
ある投資額でスタートし、1回目が不的中だった場合、2回目は同じ金額を投資します。
この点がマーチンゲールと違うところですね。

そして2回目も不的中だった場合、3回目は1回目と2回目の額を足して投資します。

つまり、前回と前々回の額を合計して投資するというのがココモ法の追い上げ方です。

以下は倍率が3倍(回収率300%)の組み合わせに対して、
最初の投資額を100円でココモ法を実践したときの収支表です。

投資回数 投資額 不的中時の
累積損失
的中時の利益
1 100 -100 +200
2 100 -200 +100
3 200 -400 +200
4 300 -700 +200
5 500 -1,200 +300
6 800 -2,000 +400
7 1,300 -3,300 +600
8 2,100 -5,400 +900
9 3,400 -8,800 +1,400
10 5,500 -14,300 +2,200

普通のマーチンゲールに比べて追い上げの増額が緩やかになります。
10連続不的中でも合計14,300円のマイナス。

負けるたびに賭け金をきっちり倍にしていくマーチンゲールよりも
資金パンクのリスクは軽減しますが、それはココモ投資法の方が
回収率が高い組み合わせを当てるから成り立つわけで、
マーチンゲールとココモ、どちらが良いか一概に言えません。


資金マネージメントの通りに収益を増やせるかどうかは、何といっても予想力次第。

競馬で実際にココモ投資法を使うなら、はじめに回収率と的中率の統計を取ってみて
試算通りに増やせる見込みがあるか見極めることが肝心です。
また、損切りのボーダーラインも必ず設定しておいて下さい。

マーチンゲール投資法

マーチンゲール投資法、あるいはマーチンゲールの法則というのは
カジノのルーレット攻略法としてできた戦略であり、
ギャンブルの業界では使い古された投資法です。

日本語に言い方に変えると「追い上げ」とも呼ばれ、
その名の通り、的中するまで資金を増額して賭け続けるというテクニックです。

以下はもっともオーソドックスなマーチンゲールの収支表です。
倍率が2倍(回収率が200%)の場合、不的中のたびに投資額をきっちり2倍にしていきます。
投資額は100円で設定。この公式で続けると、
的中した時にはそれまでの投資額を全て回収して、必ず+100円となります。

投資回数 投資額 不的中時の
累積損失
的中時の利益
1 100 -100 +100
2 200 -300 +100
3 400 -700 +100
4 800 -1,500 +100
5 1,600 -3,100 +100
6 3,200 -6,300 +100
7 6,400 -12,700 +100
8 12,800 -25,500 +100
9 25,600 -51,100 +100
10 51,200 -102,300 +100

カジノのルーレットの赤、黒を予想する賭け方はオッズが2倍なので、
どこかのタイミングで的中すればこの表の通りの結果となるわけです。

もちろん、競馬でマーチンゲールを使っても倍率が2倍なら同じです。
ただ、日本の競馬の場合は投票後にオッズの変動がありますので、
表とは若干金額の違いが生まれるかもしれません。


マーチンゲール投資法は競馬でも広く活用されているテクニック。
しかし、表を見ての通り、連敗のたびにマイナスが増え続けるという最大のリスクを持っています。

100円でスタートしても、10連続不的中なら累積10万超のマイナス(怖)
なので、必ずどこかで追い上げをやめる損切り線を設けてください。

競馬で具体的に使うのなら、現時点の自分の予想力
あるいは使っている的中予想サービスの回収率と倍率のデータを取って
最初の投票額をいくらにするのかと最大何回まで追い上げるのかを
あらかじめ決めておくことが重要です。(どちらも資金次第)

オッズは馬連、馬単、三連複など何でも使えます。

250%以上の回収率の予想を、5レースに1回的中させる(勝率20%)
200%以上の回収率の予想を、4レースに1回的中させる(勝率25%)

このように、回収率と的中率のバランスを分析し、
マーチンゲールが使えるかどうか見極めることが重要。
とにかく情報収集と統計で予想の見込みを立てながら使ってください。

均等買い投資法

均等買い投資法はもっともシンプルな資金マネージメントの方法。

つまり、同じ金額を同じ倍率のオッズあるいは同じ回収率の買い方で投資し続け、
的中率が一定以上なら利益がでるという考え方
です。

以下はその収益表。
ド本命の硬いオッズか、あるいはボックス買いで複数点投票して、
回収率が140%~200%以下の場合の収益計算を表しています。

投資額は100円で計算。+収益になるところから黄色で示しています。

→的中率
↓回収率
10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100%
140% -860 -720 -580 -440 -300 -160 -20 +120 +260 +400
145% -855 -710 -565 -420 -275 -130 +15 +160 +305 +450
150% -850 -700 -550 -400 -250 -100 +50 +200 +350 +500
155% -845 -690 -535 -380 -225 -70 +85 +240 +395 +550
160% -840 -680 -520 -360 -200 -40 +120 +280 +440 +600
165% -835 -670 -505 -340 -175 -10 +155 +320 +485 +650
170% -830 -660 -490 -320 -150 +20 +190 +360 +530 +700
175% -825 -650 -475 -300 -125 +50 +225 +400 +575 +750
180% -820 -640 -460 -280 -100 +80 +260 +440 +620 +800
185% -815 -630 -445 -260 -75 +110 +295 +480 +665 +850
190% -810 -620 -430 -240 -50 +140 +330 +520 +710 +900
195% -805 -610 -415 -220 -25 +170 +365 +560 +755 +950

例えば、1.8倍のオッズか回収率180%の
的中率が70%だった場合、収益は+260円。
1回あたりの1000円にすれば、2600円の利益ですね。

表を見れば一目瞭然で、的中率が収益を直接左右します。
なので、基本的には硬めオッズと組み合わせて使う資金マネージメント法といえます。
(基本的に、としているのは、倍率と的中率が損益分岐を超えるなら何でも使えるから)


均等買い投資法は的中率が重要なので、
確率的に最も的中率の高い複勝オッズがよく使われます。

ただ、複勝は着順によって倍率に幅がありますから、
ガチガチの本命を狙うと1.1倍になることも多いので、
それだと全く利益がでませんよね。

そこで2、3番人気あたりが1.5~3倍あたりで推移しているレースをピックアップし、
あとはその馬が入るかどうかを見極めます。
この的中率を高めていくことが、複勝+均等買い投資の最大の課題と言えるでしょう。

競馬的中予想の活用術