パドック競馬予想『歩様・毛艶』
財テク投資競馬として競馬で長期安定的に稼ぐ方法を徹底解説!!買い目の絞り方、競馬予想の効果的な活用法など実践で培ったノウハウを公開しています。

‘競馬予想無料レベルアップ’に関する記事一覧

パドック競馬予想『歩様・毛艶』

競馬予想無料レベルアップ講座

パドック競馬予想『歩様・毛艶』

歩様とは文字通りで歩くさま、歩いている様子のこと。
4本の脚をリズミカルにテンポよく歩いている馬は調子が良いと判断できますし、
逆に何となくギクシャクしている馬は筋肉痛か、その他マイナス要素があると考えられます。

とは言え、パドックでぎこちなくても
ゲートで返し馬をするときにほぐれてくることもありますので、
歩様だけではなく気合乗りや太め感などと総合して判断してください。


毛艶も調子を判断する材料になります。
人間の好調不調が肌に表れるように、馬も同じく毛艶にでます。
色が濃く、日の光で輝いているようだと調子は好調と判断できます。
ただ、毛色によって、よく見える見えないがあるので
(黒鹿毛や栗毛はキレイに見えやすい)
毛艶だけで判断するのは難しいです。

歩様と同じく、他の要素と絡めて総合的に分析すると良いでしょう。

パドック競馬予想『太めと細め感』

競馬予想無料レベルアップ講座

パドック競馬予想『太めと細め感』

仕上がり状態は「太め」「細め」感から判断します。
太めにしても細めにしても、ベストコンディションでなければ
スタミナ切れを起こしやすくなるため、特に長距離レースになると
このハンデが大きく影響してきます。

パドックで簡単に見分ける方法はおなか周りの肉付き。
真横から見たとき、競走馬の腹は胸から後ろ足にかけて
緩やかな上昇ラインを描きます。

これが下に膨らんでいるなら太め、
極端に上昇していて脚が細く見えるなら細めと判断できます。

もしも判断が難しい場合は、馬体重の増減をみて、
ベスト体重との差を計ってください。

パドック競馬予想『気合ノリとイレ込み』

競馬予想無料レベルアップ講座

パドック競馬予想『気合ノリとイレ込み』

パドックで競走馬を実際に見ながら予想する上で
最初に判断基準としたいのは
気合が乗っていいるか、イレ込んでいるかの違い。

ハミ(口に咥えている馬具)をかみ締めて厩務員をグイグイ引っ張るように
歩いている馬は気合が乗っていると判断できます。

また、下あごを引いて首が丸く折れ曲がった状態(ツル首)の姿勢なら
さらに気合が乗っていると考えてよいでしょう。

一方で、落ち着きなく首を振ったり発汗が激しい場合はイレ込み気味です。
イレ込みとは人間で言うところのテンパッている状態のこと。
本来持っている実力を出せない原因にもなります。

ツル首で落ち着いて堂々と優雅に、それでいて力強く前へ前へ歩く。
そんな馬は状態が良いと考えられます。

競馬予想材料『騎手による変化』

競馬予想無料レベルアップ講座

騎手による変化

騎手の技術力の違いも予想参考材料です。

1年で何十勝もする騎手がいれば、2,3度勝つのがやっとの騎手もいます。
そこには当然技術の差があるわけですから、
競走馬の実力以上に騎手のキャリアの違いが差を生むこともあります。

具体的には短距離よりも長距離の場合、
騎手の実力がレース展開、着順に影響する度合いが強くなります。

短距離は競走馬のスタミナ次第、スピード次第というところが大きいですが、
長距離となるとペース配分なども考えなくてはいけません。

また、馬の持ち味を引き出して勝利することが騎手の役割ですから、
成績と騎手の相関関係を分析すると、競走馬と騎手の相性なども見えてくるかと思います。

競馬予想材料『馬場状態変化への対応』


競馬予想無料レベルアップ講座 No.1

馬場状態変化への対応

競走馬の成績は馬場状態でも変わります。

レース適性とも関連しますが、競走馬によっては雨が降ってコースの状態が変わることで
好成績に、あるいは極端に不調に陥る場合があります。

これは各馬の性格的なもので、
水たまりや泥はねなどを気にせず走れる馬は
重馬場で有利なレース運びができるんです。

したがって、芝はダメでも重馬場のダートで急に強くなる馬など、
過去成績からクセを読み取れば予想の好材料となります。

最近の成績をみて、不調が続いているのに急に好成績を出した場合は
馬場状態もチェックしてみて下さい。

競馬予想材料『馬体重変化』

競馬予想無料レベルアップ講座

馬体重変化について

馬体重の変化についておさえておきたいのは、
好走したときの体重です。

前走との体重差に注目してしまいがちになりますが、
その変化をみるのではなく、ベスト体重と何キロ違うのかを見なければいけません。

例えば10キロ増や13キロ減など大きく体重が変化していたとしても、
増減後の数値がベストに近ければ問題ないと考えられます。

また数字で判断し、さらにパドックを見ながら
腹回りの肉付きや発汗具合をチェックして
コンディション状態を分析すれば、より的中精度の高い予想ができるかと思います。

競馬予想材料『展開・脚質』

競馬予想無料レベルアップ講座

展開・脚質について

レース展開をある程度予想する手段の一つとして、
逃げ馬を基準に考えることができます。

例えば、逃げ馬がレースに1頭である場合、先行争いが比較的緩くなるため
平均ペースかそれ以下に落ち着く傾向があります。

そうするとレース展開は前に出る馬にとって有利に働きます。
逃げ馬がそのまま逃げ切って勝つパターンは、このケースが多いです。

逆に複数馬いる場合は先行争いが熾烈になるためオーバーペース気味となり、
後方からの追い込み馬に有利に働く可能性が高くなります。

レース展開はペース配分が左右するところが大きいので、
逃げ馬が何頭いるのか、この角度からチェックしてみて下さい。

さらにコース適性・距離適性が噛み合う馬を抽出すれば的中率は高まるでしょう。


ちなみに以下は脚質についての解釈です。

逃げ馬:スタートから先頭に立ち、そのままゴールを狙うタイプ。

先行馬:逃げ馬の後ろにつき、終盤に逃げ馬をとらえて抜くことを狙うタイプ。

差し馬:レース序盤は馬群の中団から後方をマークし、
     徐々に順位を上げながら最後の直線でトップを狙うタイプ。

追い込み馬:レース後半まで馬群後方に位置し、最後の直線で一気に抜き去ることを狙うタイプ。

この4種を自由自在にこなすタイプを含めると、5つの競走戦略があります。

競馬予想材料『ローテーション(レース間隔)』

競馬予想無料レベルアップ講座

ローテーション(レース間隔)について

ローテーションとは、前走との間隔のことを表します。
休みなく2週続けてレースに出走することを連闘といい、
1週空けて出走することを中1週と言いますが、
どちらにせよこれは一般的なローテーション(2、3週空けて1レース)に比べ
ハードワークになるため、勝敗にマイナスの要因を生みやすくなります。

ここ3,4レースのローテーションと着順の関係を分析すると、
競走馬に無理な反動が出ているかどうか判断基準になるでしょう。

まぁ中にはこの一般論が当てはまらない競走馬もいますから
予想材料としては補完的なファクターになりますが…

オッズからは読みとれない
競走馬の際どい実力を分析するのに役立ててみてください。

競馬予想材料『最近の成績』

競馬予想無料レベルアップ講座

最近の成績

最近の成績は競走馬のコンディションを把握する良い材料です。
競馬新聞でもJRAのホームページでもJRA-VAN NEXTでも構いませんが、
ここ数レースの着順および1着との着差をピックアップして、分析してみてください。

例えばここ3レースが1~3着で終えているなら好調と判断できますし、
逆に9位や10位であれば不調と考えることが出来ます。

一方、9位⇒2位⇒8位や、1位⇒10位⇒2位など
着順からはなんともいえないこともあります。

この場合は、コース・距離適性のコラムでご紹介の通り
競走馬の得意不得意を分析し、
着順の変化にどんな原因があるのか探ってみてください。

コース・距離適性やあるいはレース展開に何らかの原因が隠れているかもしれません。

ここ最近の成績を真正面から受け取って好悪の判断材料にするか、
その着順になった原因をさらに深堀して予想に役立てるか。

どちらにせよ、最近の成績は競走馬の分析と競馬予想に有効な判断材料と言えます。

競馬予想材料『コース・距離適性』

競馬予想無料レベルアップ講座

コース・距離適性について

競馬のコースには右回り・左回りの2種があり、
馬場も芝・ダートの2種、そして距離、この3つのファクターがあります。

競走馬も生き物ですから人間と同じく個性があり、
得意とするコース・苦手とするコースがあります。
したがって、コース別の成績はその馬の個性、
つまりコースに対する適性を調べる材料となります。

左回り・右回りでの成績に差がないか、芝・ダートでの成績についても同様です。
さらに、距離についても成績に違いがないかをチェックしてみて下さい。

左回りでは成績が優れなくても右回りだと好走が続く馬がいれば、
芝が得意でダートが苦手の馬もいます。
さらに同じ条件でもほんの少し距離が違うだけで随分成績が変わる馬もいます。

前走調子が良くて今回オッズが下がった馬が
なぜか不発に終わった、あるいは突然高倍率の人気薄馬が勝った。

そんな時は過去成績を分析し、馬の得意・不得意を分析すれば原因が見えてきます。

競馬的中予想の活用術